コンクリートの劣化を調べる赤外線調査|生コンの番人

コンクリートサポートセンターCSC

 

▼お問合せ 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
生コンの番人 採用・募集要項
 
生コンの番人スタッフブログ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生コンの番人 トップページ>>赤外線調査・近接目視調査

 

 

コンクリートの劣化を調べる赤外線調査

コンクリート表面の劣化部(浮き・はく離)と健全部では熱特性が生じます。
赤外線カメラを使い、外気温の変化時に生じる熱特性の違いを赤外線画像として検出します。

赤外線撮影中 KUMONOSUと3Dレーザースキャン
△離れた場所からも撮影できます。 △劣化部分が色で識別できます。


調査のプロが行う近接目視調査

橋梁点検車両やロープアクセス、カヌーなどを用いて、立ち入りが難しいところでの近接目視を行い、コンクリートの表面、舗装面の顕在化した損傷・劣化を調査します。

高所調査中 カヌー
△高い場所も調査可能です。 △カヌーを使っての調査。


 

 

お問合せ

 

 

 © 2009-2018 CSC Inc.

〒814-0165 福岡市早良区次郎丸6-13-24 TEL:092-865-5246 FAX:092-865-5247

当サイトは、 Internet Explorer7以上 firefox3以上の環境に合わせて作成しています。